未分類

Bybitを使い手数料を抑えてETHを送金する方法

悩んでいる人
悩んでいる人
ETHをメタマスクに送金する際の手数料を抑えたい

こんな悩みを解決する記事を書きました。

現在はNFTに触れている人も多くなっている為、仮想通貨の取引所を持っている人もいると思います。

しかし多くの人がスプレッドと呼ばれる手数料と送金の手数料を毎度支払っているのが現状です。

この記事ではスプレッド手数料と送金の手数料を最大限にカットしてメタマスクに送金する方法を画像を使って解説してます。

こちらの記事では国内大手取引所のコインチェックを使って解説しています

楽天銀行を持っている人は無料で入金できるようになったのでおすすめです。

コインチェック

ETH購入時のスプレッド

 

この記事を見ているあなたは国内取引所でETHを購入してメタマスクに送金しているのではないでしょうか?

私もNFTに触れた初期の頃はこんなやり方をしていました。

しかしこのやり方をしている人は手数料を割高に支払っています。

ETHを取引所で購入する時に手数料という名目で書かれていないので気づかない人もいると思いますがここでスプレッドが発生します。

簡単に言うと売値と買値の価格差です。

 

 

例えばETHの価格が193451円です。

193451円でETHを購入することができればスプレッド幅がないので問題ありませんがそれだと取引所側のメリットがないですよね。

なので取引所によってもスプレッドの幅は変わってきますが購入時の価格が割高に設計されています。

 

 

こちらが購入時の価格になっています。

上記の画像でわかるように1ETHを購入すると仮定して6889円も高い金額で購入しないといけないのがわかるかと思います。

スプレッドについてはこちらにも詳しく書いています。

Bybit(バイビット)と国内取引所を徹底比較 こんな悩みを解決する記事を書きました。 海外取引所の方が手数料や買値と売値の差がないと聞きますが実際にどのくらい価...

メタマスクへの送金手数料

 

次にメタマスクへの送金手数料についてです。

ETHをメタマスクに送金する際も手数料が発生します。

 

 

一律で0.005ETHなので今のレートで日本円で1000円くらいかかります。

一律なのでまとまったETHを送金できる人にはそんなに痛くない金額かもしれませんが私のように少ない種銭を必要時に送る人にとってはかなりもったいないです。

ATMの時間外手数料が200円程度とられたりしますがここでは1000円も取られてしまいます。

仮に1万円分のETHを購入する際にかかってくる費用はざっくりとスプレッド手数料が700円メタマスクに送金手数料が1000円程度かかるので1700円くらい手数料で引かれている計算になります。

約17%も手数料で消えてる計算になりますね。

 

Bybitを活用して手数料を削減する方法

 

コインチェックでは先日、日本円の入金に楽天銀行からの銀行振込が対応されました。

楽天銀行を持っていれば無料で入金できるのでコインチェックがおすすめです。

コインチェックの登録がまだの方はこちらからどうぞ

コインチェック

まずはコインチェックに入金しましょう。

 

 

日本円の入金をクリックすると振込先一覧が出てくるのでなるべく手数料がかからないのを選びましょう。

楽天銀行口座をお持ちですと楽天銀行を選択しましょう。

 

 

こんな感じで振込先の情報が表示されるので楽天銀行から振込をしましょう。

 

 

10000円を振込ました。手数料はかかってないですね。

 

 

5分程度でコインチェック側に反映しました。

ここから実際にBybitへ送金していく流れですが仮想通貨しか対応してないので仮想通貨を購入していきます。

ここで購入する仮想通貨はリップルがおすすめです

リップルがおすすめな理由は送金手数料が鬼安だからです。

実際に他の通貨の送金手数料はこんな感じです

Bybitへの送金手数料

BTC(ビットコイン) 約1500

ETH 約1000円

リップル 約10円

ETHと比べてもリップルは手数料が100倍も安いので絶対にリップルを選択しましょう。

 

 

1 販売所(購入)をクリック

2 XRP(リップル)を選択

3 1万円で購入できる範囲を入力

4 購入する

 

 

これでリップルの購入が完了です。

ではこのリップルをBybitに送金していきましょう。

 

 

暗号資産の送金をクリックします。

送金する量を選択しましょう。

手数料が0.15XRPとなっているので日本円で10円程度です。

送金が完了したらBybit側の操作をしていきましょう。

 

Bybit側での操作

 

ByBit 無料開設

 

 

Bybitのホーム画面、右上の資産をクリックしましょう。

 

 

先ほどコインチェックから送金したリップルが確認できました。

1分くらいで入金確認のメールが届きました。

 

 

検索欄にXRP/USDTと入力しましょう。

 

 

売りを選択して成行をクリックして数量を入力しましょう。

XRPを売るをタップします。

 

 

画像が少し見にくいですが66.370635USDTになっています。今のレートで9644円

 

 

リップルをUSDTに交換できたのでETHを購入していきます。

上記の欄から現物をクリックしてETH/USDTをクロックします。

 

 

買いをクリックして指値を選択して先ほど交換した66.370635USDT全てを入力します。

問題なければETHを買うをクリックします。

 

 

そうしますと0.0504200ETHが反映されました。(2022.10.9のレートで9638円くらいです。)

こちらのETHをメタマスクに送金するので赤枠から送金をクリックします。

 

 

メタマスクのウォレットアドレスを入力します。

送金するETHの数量を選択します。

送金の手数料が200円前後かかります

問題なければ提出をします

 

 

そうしますとメタマスクに送金されます。

0.04922ETHなので9413円くらいです。

Bybitを経由することで手数料を3分の1くらいに抑えることができました。

とは言っても仮想通貨は常に価格の変動があるので価格のバラつきはあります

まとめ

 

上記で注意書きをしましたが仮想通貨は常に価格の変動があるので価格のバラつきはあるので自己責任でお願いします。

今回は1万円での比較をしましたが購入する価格が高ければ高いほど手数料の価格差は開きます。

これからも仮想通貨を触っていくのであれば手数料の面は収益面にすごく関わりがあるので是非ご検討してみてください。

国内取引所

 

コインチェック

 

 

初心者でも5分でわかるBybitの特徴から使い方を徹底解説 こんな悩みを解決する記事を書きました。 結論、国内の暗号資産取引所の手数料は割高でスプレッドが広いので、海外の有名...

 

無料 Bybit登録

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。